【GMAT対策7社比較表】予備校の試験対策講座のおすすめ!海外MBA受験に!

【GMAT対策7社比較表】予備校の試験対策講座のおすすめ!海外MBA受験に!

GMAT(Graduate Management Admission Test)は、海外MBAなど留学の際に受ける試験です。

GMATスコアによって受験する大学院がある程度決まるため、GMATで高得点を取れれば選択肢が増えます。

本記事では、GMATの対策講座を提供する予備校7社を紹介します。

おすすめのGMAT講座はアガルートアカデミー!安い!

税込87,780円(講義22時間)でGMAT公式問題集を攻略!

\GMAT公式問題集を理解できれば怖くない!/

アガルートの公式サイトで詳しく見る

 

GMAT対策の予備校講座7社比較表

GMAT対策の講座を持つ予備校7社の一覧表です。

予備校名、講座名、税込受講料をまとめています。

講座名に公式サイトへのリンクを貼っています。

予備校名 講座名 税込受講料
アガルートアカデミー GMAT対策講座 87,780円
濱口塾 GMATコース 385,000円
G-Prep GMAT All in Oneパッケージ 275,000円
イフ外語学院 GMAT総合演習パッケージ 178,200円
アゴスジャパン GMAT試験対策コース 非公開
Affinity英語学院(アフィニティ) GMAT対策 講座による
Y.E.S(Yoshii English School) GMAT/TOEFL留学準備 非公開

表の順番に講座の内容を紹介します。

アガルートアカデミーのGMAT対策講座

アガルートアカデミーのGMAT対策講座

株式会社アルガートが運営するアルガートアカデミーが実施しているGMAT対策講座です。

GMATの公式問題集(GMAT™ Official Guide Bundle)を使用し、問題の解き方を理解します。

日本人が苦手な傾向にあるVerbal分野にも特化しており、効率的な学習ができます。

カリキュラム(学習内容)

アルガートアカデミーのGMAT対策講座には、基礎講義と実践演習講義があります。

基礎講義

GMATの出題範囲全体を理解し、基礎の力を身に着けていく講義です。

講義時間は全体で6時間です。

実践演習講義

GMATの公式問題集を使った講義です。

実践演習を目的としており、日本語で中級レベルの問題の解説をしてくれます。

講義時間は全体で16.5時間程度です。

教材

教材は基礎合議のためのテキストが一冊付与されます。

実践演習講義ではGMATの公式問題集を自分で用意します。

講師

ハーバード大学大学院を卒業したEugene(ユージーン)氏が担当します。

ビジネス英会話講師やアカデミックイングリッシュ講師などの経験が豊富にあり、基礎レベルの英語力からビジネススクールに合格できるほどのレベルまで、高い英語指導力で多くの生徒から支持されています。

以下はアガルートアカデミーのGMAT講座のガイダンス動画です。

説明されているのがEugene(ユージーン)講師です。

学習形態

オンライン配信の動画を視聴して学習します。

動画は1つのチャプターが5分から15分程度なので、すきま時間、移動時間などちょっとした時間にもしっかり学習を進められます。

もちろん休日にしっかり集中して勉強することも可能です。

動画一覧で進捗率を確認でき、勉強のスケジュールを立てるのにも役立ちます。

おすすめの勉強方法

アガルートアカデミーのおすすめの勉強方法を下記します。

  1. 基礎講義(インプット講義)でGMAT全体を把握して基礎固めを行う。
  2. GMAT公式問題集で実践演習(中級レベルの問題中心)を行う。
  3. 必要に応じて、インプットテキストと公式問題集の復習を行う。また、演習を増やすために、公式問題集の講義で扱っていない問題を演習する。

費用・料金

アルガートアカデミーのGMAT対策講座の料金は税込87,780円です。

\GMAT公式問題集を攻略する!/

アガルートの公式サイトで詳しく見る

 

濱口塾

濱口塾のGMATコース

株式会社濱口塾オンラインが運営する濱口塾は、MBA留学を目指す方を徹底的にサポートする専門予備校です。

海外留学、とくにMBA留学を目指す方に、GMAT770点以上取得の塾長が自らが指導します。

4つのコースから自分のレベルや目的に合ったものを選んで受講します。

カリキュラム(学習内容)

濱口塾には以下4つのコースがあります。

  1. サブスクリプションコース
  2. GMAT(R) コース
  3. エッセイコース
  4. MBA Package

順番にコースの内容を簡単に説明します。

サブスクリプションコース

サブスクリプションコースは、濱口塾の教材ウェブサイトで問題を解き、音声の解説を受けてながら学ぶコースです。

単元別問題とアウトプットの練習をするための実践問題があります。次に紹介するGMAT(R)コースと同じ教材です。

1か月に5回まで無料で質問できます。

授業を受けることはできないので、GMATについてある程度の実力はあるものの更なる高得点を目指したい方におすすめです。

GMAT(R) コース

GMATの出題パターンを理解し、基礎から応用までの実力を身に着けるためのコースです。

単元別の問題、テスト形式の問題が用意されており、繰り返し問題を解くことで実力を高めていきます。

エッセイコース

出願書類の作成に必要な文章力を身に着けるためのコースです。

エッセイだけでなくレジュメや推薦状の作成もサポートします。塾長だけでなくネイティブ講師による添削も受けられ、より自然でレベルの高い文章の作成を目指せます。

MBA Package

上記のGMATコースとエッセイコースを組み合わせたコースです。

GMATや出願書類の書き方をこれから勉強する人向けです。

教材

単元別の問題集と、実践形式の問題集があります。

単元別問題

SC

9つの文法項目別(数の一致・代名詞・並列構造・比較・関係代名詞と同格・修飾語・時制・言葉の選択・省略と倒置)

CR

5つのロジックパターン(因果関係・根拠と結論・手段目的・比較・同一視)

RC

英文56テキスト(合計339問)の演習問題

単元別問題Math

12の項目(整数問題・根号・指数・数列・絶対値・確率と場合の数・集合・道のりと仕事算・図形・統計・不等式・文章題)

実践問題

実際のGMAT試験を想定した問題です。VerbalとMathの問題を時間を測定しながら解きます。

講師

GMAT770点以上を取得した経験のある濱口典弘氏が隅々まで丁寧な指導にあたります。

学習形態

Skypeオンラインでの授業です。

新型コロナウイルスの感染状況によっては対面での授業を再開する可能性もあります。

費用・料金

濱口塾の料金はコースによって違います。

サブスクリプションコース

サブスクリプションコースの料金は月額税込33,000円です。

GMAT(R) コース

GMAT(R) コースの料金は税込385,000円です。

エッセイ コース

エッセイコースの料金は税込660,000円です。

MBA Package

MBA Packageの料金は税込935,000円です。

濱口塾の公式サイト

 

G-PrepのGMAT All in Oneパッケージ

株式会社G-Prepが運営するGMAT対策コースがGMAT All in Oneパッケージです。

GMAT4科目をすべて学びたい、基礎から学びたいという方向けのパッケージです。さまざまなコースを選ぶ必要がなく、このパッケージだけですべての対策ができます。

ライブ配信、ビデオ配信で好きなタイミングでの学習が可能で、社会人でも勉強を続けやすい受講形式です。

カリキュラム(学習内容)

GMAT All in Oneパッケージには以下の講座が含まれます。

  • Verbal 対策コース
  • Math 50点突破パッケージ
  • Verbal 上級訓練ビデオ
  • IR 対策コース
  • AWA(Analytical Writing Assessment)個別レッスン
  • オンラインコース SC 上級
  • Verbal 難問セミナー・ビデオ

ビデオ教材は期間中であれば何度でも視聴が可能で、苦手な部分を徹底的に復習することも可能です。

教材

ビデオ教材とGMAT公式問題集を使った講義です。

講師

GMAT770点を取得した経験のある中山道生氏が指導します。

これまでに5,000人以上に対しての指導経験があり、スピーディーで丁寧な指導が人気です。

学習形態

ライブ配信とビデオ配信による学習です。

費用・料金

GMAT All in Oneパッケージの受講費用は税込275,000円です。

G-Prepの公式サイト

 

イフ外語学院のGMAT総合演習パッケージ

イフ外語学院のGMAT総合演習パッケージ

株式会社イフコミュニケーティングアートが運営するイフ外語学院のGMAT総合演習パッケージです。

Verbalの基礎から応用まで、さらに数学の分野を自分のペースで学習できる講座です。

Webでの授業が中心なので、忙しい時間の合間でも気軽に学習を続けられます。

カリキュラム(学習内容)

GMAT総合演習パッケージは、5時間のVerbalキャッチアップ講座、52時間のWeb専修52時間講座、60時間のVerbal60時間加速講座が含まれます。

講座名(授業時間) 受講方法 受講期間
Verbalキャッチアップ講座(5時間) オンデマンド 6ヶ月
Web専修52時間講座(52時間) オンデマンド 6ヶ月
Verbal60時間加速講座(60時間) オンデマンド 6ヶ月

受講期間はそれぞれ6か月間です。

教材

イフ外語学院オリジナルのGMAT OG数学解説書、SC解説書が教材です。

講師

講師情報は非公開です。

学習形態

すべてウェブで受講できます。

費用・料金

GMAT総合演習パッケージの料金は税込160,600円です。その他入会金として税込17,600円が必要です。

イフ外語学院の公式サイト

 

Agos Japan(アゴス・ジャパン)のGMAT試験対策コース

Agos Japan(アゴス・ジャパン)のGMAT試験対策コース

株式会社アゴス・ジャパンが運営するGMAT試験対策コースです。

アゴス・ジャパンは海外の名門大学への留学を目指す人に向けた指導をおこなう専門学校です。海外トップ校への合格実績は1万件以上あり、毎年多くの生徒を輩出しています。

GMAT対策講座では最初に実力チェックテストがあり、自分の得意分野や苦手分野を客観的に把握した上で講座に取り組みます。

カリキュラム(学習内容)

GMAT対策総合パッケージVMとGMAT対策総合パッケージVがあります。それぞれの内容を簡潔に解説します。

GMAT対策総合パッケージVM

GMATの全セクションを対策をしっかりおこないたい方向けのパッケージです。

受講期間は4か月から6か月程度で、GMATで680点以上を目指すことを目標にしています。セクションごとに丁寧な指導を受けられるだけでなく、演習問題を繰り返しおこなって知識を定着させていきます。

応用力も身に着くため、すでにある程度知識がある方ならさらに高得点を目指せるような学習ができます。

以下の講義が含まれます。

  • Verbal Strategy (全8回 30時間)
  • Verbal Practice パッケージ (全8回 24時間)
  • Math Strategy Advanced (全4回 12時間)
  • Math Practice (全2回 6時間)
  • AWA Strategy (全2回 6時間)
  • IR Strategy (全2回 5時間)

GMAT対策総合パッケージV

GMATの中でも日本人が苦手とするVerbalを徹底的に対策したい方向けのパッケージです。

3か月から5か月程度の受講期間で、Verbalの内容を基礎から応用までしっかり学んでいきます。

セクションごとに攻略方法を学べるだけでなく実践問題を繰り返し、応用力も身に着けられます。

パッケージには以下の講義が含まれます。

  • Verbal Strategy (全8回 30時間)
  • Verbal Practice パッケージ (全8回 24時間)
  • AWA Strategy (全2回 6時間)
  • IR Strategy (全2回 5時間)

教材

GMATのMathに自信がない方向けのテキストがあります。

実際にGMAT対策講座を受ける前にMathの基礎力を高められるので、文系大学出身の方、事前テストで6点未満だった方なども途中でつまずくことなく最後まで講座を受けられるようになります。

講師

アメリカのロチェスター大学を卒業し、外資系企業のマネジメント職を経た後有名大学で数学講師を務めている舘正道氏が担当します。

個々のレベルに応じて苦手意識を感じている生徒も取りこぼさない丁寧な指導をおこなってくれます。

学習形態

通学コースとビデオコースがあります。

通学コースの場合は東京都渋谷区にあるクラスに通学します。

GMAT対策コースは教育訓練給付制度の対象ですが、給付制度を利用する場合はライブ配信かビデオ形式のいずれかでの受講となります。

費用・料金

Agos Japan(アゴス・ジャパン)のGMAT対策コースの料金は非公開です。

無料の資料を請求することで料金やより詳しいプログラム内容を確認できます。

Agos Japanの公式サイト

 

Affinity(アフィニティ)英語学院のGMAT対策講座

Affinity(アフィニティ)英語学院のGMAT対策講座

Affinity(アフィニティ)英語学院は、株式会社アフィニティーズ (Affinities Corporation)が運営する試験対策指導、英語指導、コンサルティングやキャリアカウンセリングをおこなう予備校です。

GMAT対策講座にはさまざまな種類が用意されており、自分のレベルや目的に応じた学習をしやすいです。

無料のセミナーから、各分野に特化したクラスまで多種多様にクラスがあります。すべてのクラスでインタラクティブな授業を受けられます。

カリキュラム(学習内容)

Affinity(アフィニティ)英語学院では下記の5つのジャンルでそれぞれに複数のコースを用意しています。

基礎から学びたい方、応用力を身に着けたい方など、レベルや目的に応じた学習ができます。

  • GMAT総合対策
  • GMAT Verbal対策
  • GMAT Math対策
  • GMAT AWA対策
  • GMAT EA対策

教材

オリジナル教材と公式教材の二つを使って学習を進めます。

講師

飯島哲也氏の他、GMATの指導経験が豊富な講師が数多く在籍しています。

学習形態

リアルタイムのライブ配信といつでも視聴できるビデオ配信で学びます。

費用・料金

料金はコースによって違いますが、無料で受けられるセミナーもあります。

すべてのコースで入学金として税込13,200円が必要です。

Affinity英語学院の公式サイト

 

Y.E.S(Yoshii English School)のGMAT/TOEFL留学準備講座

Y.E.S(Yoshii English School)はGMATたTOEFLの対策に特化した英語学習のための予備校です。

目的やレベルに応じて4つのコースから選択できます。

大手予備校のような大きな施設、立派な設備はありませんが、実績のある講師が丁寧な指導をおこなってくれます。

カリキュラム(学習内容)

Y.E.S(Yoshii English School)は下記の4つのコースが用意されています。

文法クラス

英文法の指導に特化したクラスです。

より高度な英語力を身につけたい方に向けたコースで、今後海外の大学へ留学したい、海外でビジネスをおこないたい方に向けた指導をおこないます。

日本人が苦手とする英語表現も短期間で効率的に身に着きます。

リスニングコース

リスニングが苦手な方向けの初心者におすすめのコースです。

TOEFLで25点程度を目指すことを目標としています。リスニングの練習をしつつ、苦手な部分を探し出して丁寧な指導をおこないます。

T.W.E.クラス

Test for Written Englishの略称です。

オープンスタイルと比較対照の書き方を指導します。

TOEFLの問題のほぼすべてに対応できるレベルを目指したい方向けのコースです。

SCコース

Sentence Correctionの略称です。最短1か月で400問をマスターできます。

苦手な部分と得意な部分を見極め、徹底的に指導をおこないます。

1回3時間のレッスンで25問ずつ解説するので、苦手な部分がある方でもしっかり内容を理解できます。

教材

教材内容は非公開です。

講師

イフ外語学院など大手予備校で30年以上の指導実績がある吉井氏が指導します。

学習形態

実際に教室に通って学習するスタイルです。

費用・料金

料金は非公開です。

入会金や登録料などはかかりません。

Y.E.Sの公式サイト

 

GMATとは

GMATとは

GMATはGraduate Management Admission Testの略称です。

英語力だけでなく数学的能力や分析的思考力も試されます。

日本国内てはTOEICやTOEFLといった英語力を測るテストが有名ですが、MBA留学を目指すためには英語力だけでなく数学力や分析思考力も図られるGMATの得点が重視されます。

ネイティブが有名大学留学のために受験する試験ですので、GMATで高得点を取得すればネイティブ並みの語学力があることを証明できます。

GMATの出題内容

GMATでは英語力を測るVerbal、数学力を測るMath、ライティング力を測るAnalytical Writing、総合分析力を測るIntegrated Reasoningの4つの分野から問題が出題されます。

Verbalの回答時間は65分で36問に回答しなければなりません。語彙力から文法力、読解力を測る問題が出題されます。TOEFL iBTで90点以上程度の能力が求められます。

Mathは62分で31問に回答します。中学の基礎から高校1年生レベルの数学力が試されます。二次関数、指定関数、確率系統などが出題されます。

Analytical Writingでは客観的な視点でエッセイを書けるかが試されます。1つの問題に対して自身の意見を30分で書き終えます。

Integrated Reasoningはグラフ、文章などから内容を正確に把握して正誤を判断する能力が問われます。全12問で、制限時間は30分です。

問題数は合計80問です。

GMATのスコア

GMATのスコアは800点満点です。受験者の平均スコアは400~600点です。

海外MBA留学を目指すのであれば、大学にもよりますが、650点から700点程度は必要です。

GMAT受験者の平均点と得点分布はGPACが公開しています。

GMATの勉強方法:予備校の講座と独学

GMATの勉強方法:予備校の講座と独学

GMATの勉強方法としては予備校で講座を受講する方法と独学で勉強を続ける方法があります。

まず、希望する留学先に合格した人のGMATのスコアを確認しましょう。その後、自分でGMATの過去問題を解いてみて、スコアを確認してください。

あと少し及ばない程度であれば独学でも十分カバー可能です。

GMATについて知識がない、スコアが及ばない場合、予備校の講座を受講することをおすすめします。

予備校ではGMATの出題傾向の対策に特化した授業を受けられます。苦手な部分をカバーしつつ、基礎から応用レベルまで高い知識を身に着けられるでしょう。

独学にも限界があります。あと少しでいつも目標スコアに届かないという方も、上級者向けの対策講座をチェックしてみてください。

MABに関する記事はこちら

国内MBA予備校6社を比較した記事です。

【6社比較表あり】日本国内MBA予備校のおすすめランキング|費用・受験対策2022

MBAを受験予定の方向けに受験前の準備やMBAの価値について述べています。

【国内MBA体験談】社会人が働きながら通学!意味・価値や受験対策法も!

アガルートアカデミーのMBA受験コースを解説しています。

【評判・口コミ】アガルート国内MBA受験対策コース!費用や合格率も!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA