「QUREOプログラミング教室」が「Tech Kids Grand Prix 2022」に協賛!特別賞「QUREO賞」を設置

株式会社CA Tech Kidsと株式会社スプリックスとの合弁会社で、プログラミング教材の開発・運営・販売事業を行う株式会社キュレオ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大)は、国内最大の小学生プログラミングコンテスト「Tech Kids Grand Prix 2022」(読み:テックキッズグランプリ)に協賛し、特別賞として「QUREO賞」を設置することを決定しました。
「QUREO賞」の表彰と賞品内容をお知らせします。

小学生のためのプログラミングコンテスト QUREO賞設置

Tech Kids Grand Prixは全国No.1小学生プログラマーを決定するプログラミングコンテスト

「Tech Kids Grand Prix」は、2018年より毎年開催されている、全国No.1小学生プログラマーを決定するプログラミングコンテストです。

昨年2021年度大会は、3,122件のエントリーが集まり、決勝大会で行われるファイナリストのプレゼンテーションと作品のレベルの高さが毎年話題になっています。

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」https://qureo.jp/ を国内47都道府県に2,700教室以上展開し、日本全国のプログラミング教育の普及を推進する当社は、プログラミング学習をする全国の子どもたちが学習成果を発揮できる場を提供したいという想いから、また「Tech Kids Grand Prix」が掲げる「21世紀を創るのは、君たちだ。」というスローガンに賛同し、昨年に引き続き本年も同コンテストに協賛することを決定しました。

「QUREO賞」では、当社が開発したビジュアル型プログラミング学習教材「QUREO」で開発された作品の中から独自に審査を行い、特に優れた上位10作品を表彰し、トロフィーと副賞が贈呈されます。

さらに本年は新たに「都道府県特別賞」として、都道府県毎の優秀作品も選出し、賞状と副賞を贈呈します。1−10位および都道府県特別賞を合わせ、総額30万円相当となる副賞の詳細は下記をご覧ください。

また、昨年度の「QUREO賞」1位受賞者は、小学館の小学生向け月刊誌「コロコロイチバン!」での作品紹介や、テレビ東京の小学生向け情報番組「おはスタ」へ出演するなど、多方面で注目を集めました。

昨年度の「QUREO賞」受賞作品はこちら

https://qureo.jp/class/news/news-12171

本年もたくさんの小学生の挑戦が期待されます。

「Tech Kids Grand Prix 2022」QUREO賞について

応募期間 2022年7月1日(金)から2022年9月30日( 金)まで
審査対象 「QUREO賞」専用フォームへ応募された作品
応募方法 「Tech Kids Grand Prix 2022」公式サイトからエントリーし、
「QUREO賞」専用の作品提出フォームから簡単にご応募いただけます。
表彰および賞品 1位トロフィーおよび副賞(「Apple Gift Card」 3万円分)
2位トロフィーおよび副賞(「Apple Gift Card」 2万円分)
3位トロフィーおよび副賞(「Apple Gift Card」 1万円分)
4−5位トロフィーおよび副賞(「Apple Gift Card」 5千円分)
6−10位トロフィーおよび副賞(「Apple Gift Card」 3千円分)
都道府県特別賞(都道府県毎に若干名ずつ)賞状および副賞(「Apple Gift Card」3千円分)

※賞品の内容は変更になる可能性もあります。
※受賞者の作品はQUREO公式HPにて公開予定です。
※Apple Gift Cardは、iTunes 株式会社が発行および提供するものです。
※当コンテストはApple Inc.及びiTunes 株式会社の提供・協賛によるものではありません。

「Tech Kids Grand Prix 2022」 概要

Tech Kids Grand Prix 2022 エントリー受付開始

内容 小学生のためのプログラミングコンテスト
募集作品 コンピュータープログラミングを用いて開発されたオリジナル作品
(ロボットや電子工作等、特殊なハードウェアを必要とする作品は不可)
応募資格 小学生であること(生年月日が2010年4月2日 ~ 2016年4月1日の方)
部門 指定なし
言語 指定なし
決勝 2023年2月26日(日)
詳細 HPをご覧ください https://techkidsschool.jp/grandprix/

 

「QUREO(キュレオ)プログラミング教室」とは

「QUREOプログラミング教室」は、教室数国内No.1(※)の子ども向けプログラミング教室です。独自開発の教材により、未経験の子どもでも本格的なプログラミングをゲーム感覚で楽しく学べます。

初心者も安心の個別指導で、PC操作やキーボードタイピングも身につけることができます。

また、2025年大学入学共通テストから必修となる「情報」のプログラミングに関する範囲への対応を目指した資格試験「プログラミング能力検定」に準拠したカリキュラムを提供し、同検定が実施された2020年より全国各地で多数の合格者を輩出しています。

2020年には、第17回日本e-Learning大賞にて「総務大臣賞」の受賞や、アジアの優れたEdTechサービスを表彰する第1回Global e-Learning Awardで表彰されるなど、提供するオンライン教材と運営サポート体制が国内外で評価されています。

運営する株式会社キュレオは、サイバーエージェントグループで2013年よりプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kids( https://techkidsschool.jp/ )と、国内最大規模の個別指導事業などを展開する株式会社スプリックス( https://sprix.jp/ )が2019年に設立した合弁会社です。

両社のナレッジを活かして共同開発した運営マニュアルなど、全国の教育事業者向けに質の高い運営サポート体制を提供しています。

教室数 : 全国47都道府県2,747教室 (2022年7月1日時点。タイ、マレーシア含まず)
対象  : 小学生以上
授業料 : 各教室によって異なります。無料体験受付中(一部教室除く)
公式サイト https://qureo.jp/

※小学生対象のプログラミング教室事業者(アプリケーションやゲームの開発を主とするソフトウェアプログラミング系およびロボットプログラミング系を含む)において、プログラミング教室掲載数No.1比較サイト「コエテコ(https://coeteco.jp/)」または各社ホームページにて公開されている教室数を当社にて調査した結果(2022年1月時点)

会社概要

社名 株式会社キュレオ
所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア
設立 2019年4月1日
代表者 代表取締役社長 上野 朝大
株主 株式会社CA Tech Kids 60%  https://techkidsschool.jp/
株式会社スプリックス 40%    https://sprix.jp/
事業内容 小学生向けプログラミング教材の開発・運営・販売事

関連リンク

「QUREOプログラミング教室」が「Tech Kids Grand Prix 2022」に協賛!特別賞「QUREO賞」を設置

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA