【GA4への対応:2022年7月21日】キメラ社がウェビナーを無料開催

データ分析

株式会社キメラ(英文社名:Ximera, Inc.、本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大東洋克)は、無料ウェビナー「XIMERA’s Insight 〜GA4への対応、一体どうすれば?メディア運営のためのKPIとデータ分析体制を徹底解説〜」を2022年7月21日(木)に開催します。

メディア運営のためのKPIとデータ分析体制を徹底解説

国内大手68メディアのデータ分析を支援する株式会社キメラが主催

ウェブサイトの分析ツールとして圧倒的な知名度とシェアを誇るGoogle アナリティクス。

2020年10月には新バージョン「Google Analytics 4 property(以下「GA4」)」が公開され、従来版のユニバーサル アナリティクス(以下「UA」)は2023年7月1日以降はデータ計測・ダッシュボードの閲覧ができなくなることが明らかになりました。

GA4は計測できる指標や機能が大幅にアップデートされ、UAの計測データを引き継ぐことができません。

UAの計測停止まで1年を切った今、もはやUAとは「別物」ともいえるGA4にどう対応するべきか、自社のデータ分析体制を抜本的に見直すべきタイミングといえるでしょう。

なかでも、デジタルメディアを運営している方は多くのお悩みを抱えているのではないでしょうか。

  • GA4の情報収集はしているけれど、結局のところ自社はどうすればいいの?
  • 分析体制や指標の見直しが必要というけれど、何に着目すればいいか分からない!
  • このタイミングを機に”PV至上主義”を脱却したい。何から始めようか……。
  • デジタル担当だけがデータを分析するのはもう限界。編集部やコンテンツ制作者にもデータに興味を持ってもらうには?

そんなお悩みにお答えするべく、GA4の概要を簡単におさらいするとともに、デジタルメディアに特化したKPIやデータの分析体制について解説するウェビナーを開催します。

株式会社キメラは、国内32社68メディアのパブリッシャー(メディア運営企業)のデジタル事業を支援しており、コンテンツのエンゲージメント分析ツール「Chartbeat(チャートビート:https://chartbeat.jp/)」の日本総代理店としてデジタルメディアの分析支援や分析体制づくりに取り組んでいます。

今回のウェビナーでは、当社がつちかってきたノウハウや国内外の事例・データをもとに、時期やツールを問わず知っておきたい、メディア運営のためのKPIとデータ分析体制づくりのヒントをお伝えします。

開催概要

日時 2022年7月21日(木) 17:00~18:00
参加費 無料
形式 オンライン(お申し込み後に配信URLをご連絡します)
参加資格 日本国内のパブリッシャー(新聞、出版、放送局)にお勤めの方
メディアのデータ分析に興味のある方
参加方法 インターネットに接続できるPC・スマートフォン
主催 株式会社キメラ
参加方法 下記の参加登録フォームよりエントリー【期限:7月20日(水)17:00】
https://forms.gle/rUpbqYcMt1a2TXNq7

 

ウェビナーでお伝えする内容(※変更の可能性があります)

  • GA4がメディア運営に与える影響
  • メディアを取り巻く現状にみる、分析体制とKPIの見直しが必要な理由
  • 知っておきたい指標「エンゲージメント」とは
  • コンテンツを作る人・届ける人がデータに親しむための体制づくりのヒント
  • これからの1年間でやるべきことのロードマップ
  • コンテンツのエンゲージメント分析ツール「Chartbeat(チャートビート)」のご紹介、画面デモ

こんな方におすすめのウェビナーです

  • GA4の機能については何となく情報が入手できたが、自社でどのように体制を構築するか悩んでいる
  • PV主体のKPIから脱却したい
  • メディアのデータ分析に必要な考え方を身につけたい
  • 編集現場でデータを活用する方法を知りたい
  • 社内でデータ分析・活用の認識合わせをしたい
  • 新たなデータ分析ツールの導入を検討している、情報収集をしている

参加方法

以下の参加申し込み登録フォームに、必要事項を記入のうえ申し込みください。後日、ご登録のメールアドレス宛に参加URLが届きます。

<参加申し込み(無料)>

https://forms.gle/rUpbqYcMt1a2TXNq7

※申し込み期限:7月20日(水)17:00

 

株式会社キメラについて

キメラは2019年1月以来、32社68媒体の国内パブリッシャーでサブスクリプションの事業設計、デジタルメディアのグロース、分析体制の構築などを支援している企業です。

コンテンツのエンゲージメント分析ツール「Chartbeat(チャートビート:https://chartbeat.jp/)」の日本総代理店として、デジタルメディアの分析支援や分析体制づくりに取り組んでいます。

2021年3月にサブスクリプション管理プラットフォーム「AE」の提供を開始し、地方新聞社・出版社・Webメディアをはじめとした幅広いデジタルメディアの有料会員サービス基盤として採用されています。

関連リンク

GA4対応に役立つ、メディアのKPIや分析体制を解説するウェビナーを2022年7月21日(木)に無料開催

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA