【不動産系YouTuber棚田健大郎さんにインタビュー!】3年間で9資格合格!独自の勉強法をテーマに情報発信する

【評判/口コミ】資格スクエアの弁理士講座!短答も論文も!安くて講師の評価が高い!

資格取得に向けた教育サービスを展開しているTAC株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:多田 敏男)が、月刊誌「仕事と資格マガジン『TACNEWS(タックニュース)』」を刊行。

【特集】「資格×YouTube」でチャンネル登録者数9万人の士業
https://www.tac-school.co.jp/tacnewsweb/feature/feat202207.html

宅建士、FP、行政書士など、3年間で9資格合格の実績を持つ不動産系YouTuber・棚田健大郎さん宅建士、FP、行政書士など、3年間で9資格合格の実績を持つ不動産系YouTuber・棚田健大郎さん

仕事と資格の”リアル”を伝える。『TACNEWS(タックニュース)』

<以下、本誌より抜粋>

「資格の取得」を、自分の得意分野を見える化するため・自分の知識を専門特化するためだけに使うのはもったいない。

取得した資格を、自分が得意とする別のスキルと組み合わせることで独自のフィールドを築き、他の追随を許さない活躍をしているのは、宅地建物取引士・行政書士の棚田健大郎氏だ。

「資格」を軸にYouTubeチャンネルを開設して3年目の2022年現在、チャンネル登録者数は9万人を突破し、「不動産業界YouTuber」として著書も出した。

活躍のルーツは、働きながら3年間で9資格に合格したこと。どのようにして多くの資格に合格し、現在のキャリアスタイルにたどり着いたのか。

独特のポリシーを貫く棚田氏に、自身のキャリアと今後についてうかがった。

ステータス作りのための資格取得

──現在、不動産系YouTuberとして日々情報発信をしていらっしゃる棚田さん。

これまでのキャリアをお聞かせください。

鎌田 学生時代はゲームクリエイターをめざして長野県から上京し、専門学校で学びました。

大手ゲームメーカーでの就職を希望していましたが夢を叶えることはできず、卒業後はアルバイトを含め、履歴書に書ききれないくらい様々な種類の仕事をして、最終的には人材派遣会社の営業職に正社員として就職しました。

担当の不動産会社大手・エイブルに人材を派遣する仕事だったのですが、なかなか派遣先に人材が定着してくれなかったため、原因を探るべく、私自身がエイブルに出向することになりました。

出向先はエイブルの中で最も忙しい営業の部署。

3ヵ月間限定の出向の予定でしたが、それなりに契約が取れたこともあり、「もう少しここで働いてみよう」とずるずる居続け、気がつけば3年が過ぎました。

結果的にはヘッドハンティングされてエイブルに入社。

正式に社員となったことでさらに本気で営業したら、当時約3千名いた社員の中で、仲介手数料の売上全国トップセールスを記録したのです。

 その仕事ぶりを買われ、最後はプレイングマネージャーとして、自ら契約を取りながら部下の売上も管理する立場になりました。

とはいえ、部下のことより自分が契約を取るほうを優先していましたし、相手が上司であっても「違う」と思ったことにはノーと言う。

人の言うことを聞かず、自分のやり方でどんどん契約を取っていたので、売上面で会社への貢献度は高かったですが、上司にとっては扱いにくい存在だったと思います。

──エイブルを退職されたのはなぜですか。

棚田 当時の不動産業は土日休みがなかったからです。

会社が嫌になったわけではなく、ごくシンプルに「将来子どもが生まれたら、日曜日は子どものために時間を使いたい」と考え、退職を決めました。

──退職後はどのような仕事をされたのですか。

棚田 それまでの経験を活かして不動産コンサルティングをやりながら、自宅で原稿を書く仕事を始めました。

最初はブログのまとめ記事の執筆でしたので原稿料がものすごく安価で、文字量は多いのに報酬はほんの数千円程度からのスタートでした。

そこから徐々に仕事が増えているときに、資格を取ろうと思い立ったのです。

<続きはこちらからご覧ください>

https://www.tac-school.co.jp/tacnewsweb/feature/feat202207.html

資格は「2つ以上」持つことで効果が高まる!

独自の専門性や強みを作るため、2つ以上の資格を取得する方が増えています。

▼受験上のメリットも!ダブルライセンスを狙うなら「宅建士×行政書士」の組み合わせがオススメ!

・「宅建士」とは?宅建士の仕事とは?資格概要・仕事内容を徹底解説!

https://www.tac-school.co.jp/kouza_takken/takken_sk_idx.html

・「行政書士」とは?取得のメリットや試験概要・仕事内容まで、徹底解説!

https://www.tac-school.co.jp/kouza_gyosei/gyosei_sk_idx.html

『TACNEWS(タックニュース)』とは

タックニュース

 

就職、転職、キャリアアップ、ブランクからの社会復帰、独立開業など、仕事と資格の“リアル”が満載の月刊フリーマガジンです。

WEBサイト「TACNEWS WEB」では、誌面からピックアップした、​資格に関するトピック、キャリアに活かせる資格情報のほか、資格取得により多方面で活躍されている方へのインタビュー記事、実務家による連載コラムなどを紹介。

スマホやタブレットでも、最新記事から過去の記事までたっぷり読めます。▼TACNEWS WEB
https://www.tac-school.co.jp/tacnewsweb.html▼TACNEWS編集部 公式Twitter
記事よりもリアル?『TACNEWS』編集担当が取材に行って感じたことなどをツイート中!
https://twitter.com/TACNEWSWEB

会社概要

会社名:TAC株式会社
代表者:代表取締役社長 多田 敏男
設 立:1980年12月
事業内容:個人教育事業、法人研修事業、出版事業、人材事業
本 社:〒101-8383 東京都千代田区神田三崎町3-2-18
Webサイト:https://www.tac-school.co.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA