【最新】登録販売者試験の都道府県別合格率:2019年(令和元年)と2018年(平成30年)

【最新】登録販売者試験の都道府県別合格率:2019年(令和元年)と2018年(平成30年)

登録販売者とは、厚生労働省および各地方自治体が実施する公的資格です。

合格後は、一般用医薬品の第二類と第三類の販売の担い手として、調剤薬局やドラッグストアで仕事に従事します。

本記事では、過去の登録販売者試験の合格率と合格点について、さらに試験内容や勉強方法について解説しています。

登録販売者試験の過去の合格率:2018年と2019年

登録販売者試験の過去の合格率:2018年と2019年

厚生労働省が公開している登録販売者試験の受験者数、合格者数、合格率を都道府県別に表にまとめました。

なお、2021年2月15日現在、2020年の全体の合格率はまだ公開されていません。

2019年から京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、徳島県は関西広域連合としてまとめて集計されています。
都道府県名 2018年(平成30年) 2019年(令和元年)
受験者数 合格者数 合格率 受験者数 合格者数 合格率
合計 65,500 27,022 41.3% 65,288 28,328 43.4%
北海道 1,937 1,136 58.6% 2,085 1,340 64.3%
青森県 655 326 49.8% 710 433 61.0%
岩手県 589 298 50.6% 603 343 56.9%
宮城県 1,106 626 56.6% 1,292 800 61.9%
秋田県 439 215 49.0% 542 309 57.0%
山形県 502 265 52.8% 543 326 60.0%
福島県 1,826 867 47.5% 2,487 1,473 59.2%
茨城県 1,813 676 37.3% 1,644 584 35.5%
栃木県 1,213 432 35.6% 1,147 368 32.1%
群馬県 1,354 487 36.0% 1,421 491 34.6%
埼玉県 3,222 1,035 32.1% 3,138 734 23.4%
千葉県 2,622 945 36.0% 2,749 683 24.8%
東京都 5,001 1,769 35.4% 5,126 1,334 26.0%
神奈川県 3,442 1,357 39.4% 3,396 956 28.2%
新潟県 989 413 41.8% 1,034 370 35.8%
山梨県 382 142 37.2% 469 180 38.4%
長野県 925 347 37.5% 997 318 31.9%
富山県 806 286 35.5% 710 310 43.7%
石川県 838 290 34.6% 790 293 37.1%
福井県 915 178 19.5% 846 344 40.7%
岐阜県 1,280 476 37.2% 1,351 571 42.3%
静岡県 2,240 1,061 47.4% 2,081 1,107 53.2%
愛知県 2,789 1,170 42.0% 2,874 1,392 48.4%
三重県 930 411 44.2% 1,020 484 47.5%
滋賀県 1,000 293 29.3% 2,637 1,516 57.5%
京都府 1,992 768 38.6% 関西広域連合として最下行に集計
大阪府 5,012 2,425 48.4%
兵庫県 3,504 1,268 36.2%
奈良県 1,121 466 41.6%
和歌山県 645 199 30.9%
鳥取県 249 71 28.5% 213 63 29.6%
島根県 265 81 30.6% 245 97 39.6%
岡山県 1,204 342 28.4% 1,225 420 34.3%
広島県 899 309 34.4% 920 429 46.6%
山口県 834 255 30.6% 754 280 37.1%
徳島県 354 115 32.5% 関西広域連合として最下行に集計
香川県 483 187 38.7% 602 191 31.7%
愛媛県 517 186 36.0% 473 161 34.0%
高知県 320 111 34.7% 312 78 25.0%
福岡県 4,425 2,330 52.7% 4,459 1,970 44.2%
佐賀県 775 378 48.8% 786 331 42.1%
長崎県 524 291 55.5% 519 250 48.2%
熊本県 791 451 57.0% 751 307 40.9%
大分県 609 311 51.1% 643 297 46.2%
宮崎県 471 217 46.1% 433 170 39.3%
鹿児島県 915 402 43.9% 796 282 35.4%
沖縄県 776 358 46.1% 752 232 30.9%
関西広域連合 9,713 5,711 58.8%

出典:厚生労働省, これまでの登録販売者試験実施状況等について.

登録販売者試験の試験内容と合格点

登録販売者試験の試験内容と合格点

登録販売者試験の試験問題数および試験時間

登録販売者試験の各試験項目の試験問題数と試験時間は以下の表にように定められています。解答方式はすべてマークシートで選択式です。

試験項目 出題数 配分時間
1.医薬品に共通する特性と基本的な知識 20 40分
2.人体の働きと医薬品 20 40分
3.主な医薬品とその作用 40 80分
4.薬事関係法規・制度 20 40分
5.医薬品の適正使用・安全対策 20 40分
合計 120 240分

出典:厚生労働省, 登録販売者試験実施要領.

試験問題は全5章から構成され、問題数は120問、試験時間は240分間です。単純に計算すると、 遅くとも1問2分間 で問題を解かなければすべての問題に解答することができません。

第1章、2章、4章、5章はそれぞれ20問で配分時間は40分間です。第3章のみ出題問題数は40問で配分時間は80分間です。

登録販売者試験の合格基準

ここでは登録販売者試験の合格に必要な点数を説明します。

全体の合格点

全体の合格点

登録販売者試験実施要項において、合格基準は以下のように決められています。

総出題数に対して7割程度の正答の場合であって、各試験項目ごとに、都道府県知事が定める一定割合以上の正答のときに合格とすること。厚生労働省, 登録販売者試験実施要領.

「7割程度」と記載がありますが、実際はどの都道府県も7割以上を合格基準としています。

また、「各試験項目ごとに、都道府県知事が定める一定割合以上の正答」とありますが、これは各章ごとの足切り点のことです。足切り点とは合格するために必要な章ごとの最低点です。

 例え試験問題全体の7割以上を正答しても、ひとつの章でも足切り点以下であれば不合格です。 

この章ごとの足切り点は、都道府県によって異なり、4割以上か3.5割以上のどちらかです。下表は足切り点を問題数に変換してまとめたものです。

章ごとの足切り正答数(最低正答数)
各章 4割以上の自治体 3.5割以上の自治体
1章(20問) 8問以上 7問以上
2章(20問) 8問以上 7問以上
3章(40問) 16問以上 14問以上
4章(20問) 8問以上 7問以上
5章(20問) 8問以上 7問以上

それでは都道府県別に章ごとの足切り点(合格最低点)を見ていきましょう。

都道府県別の章ごとの最低合格(足切り)点

都道府県別の章ごとの最低合格(足切り)点

以下は、章ごとの最低点(足切り点)を都道府県別にまとめた表(2020年度, 令和2年度)です。

全体の合格点は7割以上で各都道府県共通です。一方、章ごとの合格最低点は、東北地方、中国地方、九州が4割以上、それ以外が3.5割以上です。

都道府県 全体の合格点 章ごとの最低点(足切り点)
北海道 7割以上 3.5割以上
青森県 7割以上 4割以上
岩手県 7割以上 4割以上
宮城県 7割以上 4割以上
秋田県 7割以上 4割以上
山形県 7割以上 4割以上
福島県 7割以上 4割以上
茨城県 7割以上 3.5割以上
栃木県 7割以上 3.5割以上
群馬県 7割以上 3.5割以上
新潟県 7割以上 3.5割以上
山梨県 7割以上 3.5割以上
長野県 7割以上 3.5割以上
埼玉県 7割以上 3.5割以上
千葉県 7割以上 3.5割以上
東京都 7割以上 3.5割以上
神奈川県 7割以上 3.5割以上
富山県 7割以上 3.5割以上
石川県 7割以上 3.5割以上
岐阜県 7割以上 3.5割以上
静岡県 7割以上 3.5割以上
愛知県 7割以上 3.5割以上
三重県 7割以上 3.5割以上
福井県 7割以上 3.5割以上
滋賀県 7割以上 3.5割以上
京都府 7割以上 3.5割以上
兵庫県 7割以上 3.5割以上
和歌山県 7割以上 3.5割以上
奈良県 7割以上 (現時点では未公開)
大阪府 7割以上 3.5割以上
鳥取県 7割以上 4割以上
島根県 7割以上 4割以上
岡山県 7割以上 4割以上
広島県 7割以上 4割以上
山口県 7割以上 4割以上
徳島県 7割以上 3.5割以上
香川県 7割以上 4割以上
愛媛県 7割以上 4割以上
高知県 7割以上 4割以上
福岡県 7割以上 3.5割以上
佐賀県 7割以上 3.5割以上
大分県 7割以上 3.5割以上
長崎県 7割以上 3.5割以上
熊本県 7割以上 3.5割以上
宮崎県 7割以上 3.5割以上
鹿児島県 7割以上 3.5割以上
沖縄県 7割以上 3.5割以上
章ごとの最低点(足切り点)は毎年変わる可能性があります。

登録販売者試験問題作成に関する手引き

あまり知られていませんが、登録販売者試験には、試験作成者が参考にする「試験問題作成に関する手引書」があります。

300ページ以上あるため、これを使って勉強する人はいないと思いますが、どのような意図で試験問題が作成されているのか知っておくのはいいでしょう。

ご興味がある方はこちらからダウンロードできます。

試験問題作成に関する手引き(平成30年3月)

登録販売者試験の難易度と勉強時間

登録販売者試験の難易度と勉強時間

登録販売者試験の難易度

受験者全体の合格率は約40%です。半数以上が不合格になりますが、難関資格とまでは言えない合格率です。

登録販売者試験は、各都道府県が実施しているため、試験日が異なれば複数の都道府県で受験できます。受験日や交通費はかかりますが、合格点ぎりぎりラインの実力があるのであれば複数の受験地で受けるのもいいかもしれません。単純に合格のチャンスが増えます。

受験費用は都道府県によって異なり、およそ15,000円前後です。

登録販売者試験の勉強時間

およそ2か月間から8か月間の勉強で合格を目指します。

もちろん、忙しい人とそうでない人は、登録販売者試験の学習に割ける時間が違いますので、あくまで目安です。

登録販売者とは?

登録販売者とは?

登録販売者とは、2009年(平成21年)の法改正で新設された一般用医薬品販売についての資格です。医薬品登録販売者と呼ばれることもあります。

登録販売者が可能となる業務は、一般用医薬品の第二類医薬品と第三類医薬品の販売です。これまでは薬剤師が販売の役割を担っていましたが、登録販売者資格の登場により、薬剤師は調剤業務と第一類医薬品販売業務に専念できるようになりました。

主に、薬局やドラッグストアで業務にあたります。

独学での勉強で登録販売者試験に合格することは可能か?

独学での勉強で登録販売者試験に合格することは可能か?

独学での学習で登録販売者試験に合格することは可能です。教科書や問題集、過去問などテキスト教材はたくさん市販されています。

しかし、薬学や生物学・医学の素養がない方は、何かしら通信教育講座を利用されることを推奨します。なぜなら、まったく知識がない状態からスタートする場合、 めくるページすべてがわからないことだらけで、やる気が次第に衰退 していくためです。

一夜漬けで受かる試験であればやる気がなくても腹をくくってやれますが、登録販売者試験のように継続的な学習が必要な場合、やる気が衰退していくのは致命的です。

そのため、通信講座のように学習スケジュールがあらかじめ決められている方が進めやすいです。一回で内容を覚える必要はまったくありません。むしろ一回で覚えられる人はいません。わからなくても覚えらなくても一回目は通信講座のスケジュール通りに勉強を進めてください。そうすると、進んでいる感が出るのでやる気を維持できます。

そして、二回目、三回目とわからない部分を復習しながら再学習してください。薄く重ねるように知識を身に付けていくイメージです。

勉強する意志があっても続かない人は、最初から完璧に覚えようとします。初学者が一回目で完璧に覚えられるはずもないので、ほとんど勉強が進まず、嫌になって投げ出します。

 強引にでも勉強のペースを作ってくれる通信講座を利用し、一回で合格しましょう。 

登録販売者試験の受験を考えられている方は必見

登録販売者試験の受験を考えられている方は必見

【登録販売者2021年版】通信教育講座の比較|おすすめ人気ランキング!

登録販売者試験の受験対策通信講座では、通学せずにテキスト教材、インターネットを使ったeラーニング、DVDなどで合格を目指します。

通学ほど時間と場所に縛られないため、人気がある勉強方法です。本記事では、人気のある登録販売者通信教育講座をランキング形式で紹介しています。

前半はランキング、後半は各通信講座の特徴を説明しています。また、各講座の関連リンクではより詳しい解説記事を紹介しています。

キャリカレの登録販売者講座:編集部オススメ

キャリカレの登録販売者講座を解説しています。高いレビュー、充実した教材、業界唯一の返金保証制度など登録販売者試験講座の決定版です!

【2021年最新】キャリカレ登録販売者通信講座の口コミ・評判!オススメできるか?

キャリカレの登録販売者合格指導講座のまとめ
  • 高評価レビュー多数:5点満点中4.1点(254人の回答)!
  • 3か月の学習で一発合格!
  • 不合格の場合の全額返金保証あり!
  • テキストだけでなく動画講義もある!
  • 価格は安い!
  • 合格すれば2講座目が無料!

ユーキャンの登録販売者講座

ユーキャンの登録販売者講座を解説しています。一回で合格するためにしっかり勉強したい方はユーキャンで決まりです。

ユーキャン登録販売者講座の合格率・口コミ・評判を徹底調査した結果!オススメできるのか?!

ユーキャン登録販売者講座のまとめ
  • 合格率は85.7%(独自調査)
  • 現役の登録販売者がオススメする講座第1位(合格実績が多い)
  • 動画講義はないが、テキスト教材が大ボリューム
  • 費用は安くない
  • 8か月が標準学習期間

三幸医療カレッジの登録販売者講座

三幸医療カレッジの登録販売者講座を解説しています。短期決戦で合格したい方は三幸医療カレッジの通信講座で決まりです。以下は特徴のまとめです。

【徹底調査】三幸医療カレッジ登録販売者通信講座の口コミ・評判!オススメできるのか?!

三幸医療カレッジ登録販売者通信講座のまとめ
  • 合格率は驚異の82%!
  • ウェブかDVDで講義動画も!
  • 他社の通信講座よりも安い!
  • 短期合格を目指す方にオススメ!

ヒューマンアカデミーたのまなの登録販売者講座

ヒューマンアカデミーたのまな登録販売者講座は、標準学習期間6か月、最短3か月で登録販売者試験の合格を目指す通信教育講座です。

高い評価を得ている通信講座で勉強したい方はたのまなで決まりです。

【徹底調査】たのまな|登録販売者通信講座の口コミ・評判!|ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーたのまな登録販売者講座のまとめ
  • 高評価レビュー多数:5点満点中3.9点!
  • 登録販売者合格総合講座(eラーニングあり)がオススメ!
  • 標準学習時間は6ヶ月、最短3か月!
  • テキストだけでなく動画講義もある!
  • 価格は普通!

オンスクの登録販売者講座

オンスクの登録販売者講座を解説しています。高い教材を購入したくない方や独学で勉強されている方にオススメです。

オンスク ウケホーダイの登録販売者の口コミ・評判を徹底調査!オススメできるか?!

オンスク登録販売者のまとめ
  • 月額980円~と他の3社の通信講座より圧倒的に安い!
  • 講義動画は約26時間、問題演習は451問! 冊子はなく教材は自分でダウンロードする!
  • スマホやタブレットを使って隙間時間で勉強できる!
  • 追加料金なしで他の47講座をすべて受講できる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA