【スポーツ/アスリート栄養学の資格比較表】おすすめを紹介!栄養食を理解!どれがいい?

【スポーツ/アスリート栄養学の資格比較表】おすすめを紹介!栄養食を理解!どれがいい?

本記事では、スポーツおよびアスリート向けの栄養学に関するインストラクターやアドバイザーの資格を一挙に紹介しています。

自宅で受講および受験できるものが多く、社会人の方や子育て中の方でも気軽に資格取得を目指せます。

おすすめのスポーツ/アスリート栄養学の資格はこれ!

6分野の中からおすすめの2種類をピックアップしました!

資格名に講座へのリンクを貼っています。

スポーツ/アスリート栄養学の資格6種類の比較表

スポーツおよびアスリートの栄養学に関する資格を一覧表にしました。

資格の名称と、講座、講座の受講料をまとめています。

講座名に公式ページへのリンクを貼っています。

スポーツ/アスリート栄養学の資格一覧比較表 講座名 税込受講料
スポーツニュートリションアドバイザー ヒューマンアカデミー 38,500円
プロテインマイスター プロテイン協会 38,000円
アスリートフードアドバイザー ラーキャリ 49,500円
スポーツ栄養プランナー ユーキャン 38,000円
スポーツフードアドバイザー キャリカレ 47,400円
糖質OFFアドバイザー キャリカレ 51,800円

表の上から順番に紹介します。

スポーツフード/アスリート向けの食事に関する資格6種類

栄養士に近い資格3:スポーツフード/アスリート向けの食事に関する資格6選

アスリートやスポーツ選手を食事から支えるために役立つ資格はいくつもあります。

スポーツ関係の仕事に就くためにも有利になり得る資格ですが、具体的にはどのような種類の資格があるのか紹介します。

スポーツニュートリションアドバイザー講座

スポーツニュートリションアドバイザー講座

「スポーツニュートリションアドバイザー講座」は、特定非営利活動法人職業技能専門教育研究機構が認証する資格講座です。

スポーツニュートリションとは、スポーツに必要な栄養のことであり、端的に言えばプロテインやサプリメントなどのことを指します。

この講座を受講することで、スポーツニュートリションアドバイザー資格を取得でき、スポーツシーンやダイエット、アンチエイジングなどでサプリメントの活用法を他者にアドバイスできるようになります。

試験内容

試験内容は、3大栄養素などの栄養の基本から、アミノ酸、スポーツニュートリションの目的に合わせた選び方、活用方法、そのほか、スポーツニュートリション関連知識に及びます。

ヒューマンアカデミーアカデミーのスポーツニュートリションアドバイザー講座を受講後、最終回で修了確認テストを受け、正解率70%以上で合格です。

受験料

受験料自体は2,000円ですが、スポーツニュートリションアドバイザー講座の受講料にすでに含まれています。

資格取得のための講座

ヒューマンアカデミーのスポーツニュートリションアドバイザー講座を受講します。

パソコンやスマホで動画講義を視聴しながら学びます。通学は不要です。

1回約1時間、全12回の講座で、試験範囲をすべて網羅しています。テキストと講義動画による構成で、知識だけでなくエクササイズも学ぶことができるため、実際に体を動かしながら知識を身につけられる仕組みです。

講座の学習内容は以下です。

  1. タンパク質・脂質・炭水化物
  2. 微量だけど重要な栄養素 ビタミン&ミネラル
  3. サプリメントの王様「プロテイン」
  4. 「必須アミノ酸EAA」「グルタミン」「アルギニン」
  5. アミノ酸のクリーンナップトリオ
  6. ‘あたりまえ‘を‘あたりまえ‘にする
  7. 「グルコサミン」、「コラーゲン」、「コンドロイチン」
  8. 「クレアチン」、「カフェイン」
  9. 「カフェイン」「コレウス」「L-カルニチン」「HCA」
  10. 「プロテイン」「MRP(ミール・リプレイスメント・パウダー)」「EAA」
  11. 「ビタミンC」「ビタミンE」「αーリポ酸」「還元型コエンザイムQ10 」「カロテノイド」
  12. 「ロダンテノンB」「クエン酸」「テアニン」

講座の受講費用

ヒューマンアカデミーのの「スポーツニュートリションアドバイザー講座」の受講料は38,500円です。

受講料に検定試験の受験料も含まれます。

なお、テキストだけでなくサプリメントや運動グッズがセットのコースもあり、そちらは税込73,700円です。

\スポーツ栄養学のプロになる!/

ヒューマンアカデミーの公式サイトで詳しく見る

 

プロテインマイスター

「プロテインマイスター」は、一般社団法人日本プロテイン協会が認定する資格です。

プロテインマイスターの資格を取得することで、プロテインについての専門知識を有していることを証明できます。スポーツインストラクターやトレーナー、また、一般の筋トレ愛好家などの間で人気の資格です。

運動、美容、健康に高い関心を持つ人が、自身の知識をより深めるために受験する傾向があります。

試験内容

試験内容は、タンパク質についての知識、プロテインの種類や特徴、摂取においての正しい理解や注意点からなります。

スマホもしくはパソコンを使ってオンラインで受験します。自宅から受験可能です。

全50問中、80%以上の正解で合格です。

ただし、試験のみを受けることはできず、事前に日本プロテイン協会の提供するオンラインテキストでの学習が必要です。

受験料

プロテインマイスターの受験料は、オンラインテキストの購読料も込みで38,000円(税込)です。

おおよそ1-2週間の学習で合格レベルに達します。

初回の申し込みから6か月間が有効期間のため、それを過ぎてから受験する場合は再度38,000円(税込)を支払わなければなりません。

資格取得のための講座

プロテインマイスターのための講座はありません。日本プロテイン協会のオンラインテキストで各自学習して試験に挑みます。

学習内容は以下です。

  • タンパク質、プロテインの歴史-近年の市場動向について
  • プロテインの種類と特徴
  • プロテインに関わる栄養素
  • プロテイン接種にあたっての基礎知識
  • ドーピングについて
  • プロテインに関わる食品表示や関連法規

講座の受講費用

テキスト・受験料すべて含めて計38,000円(税込)です。

\学習時間は1~2週間!/

プロテインマイスターの公式サイトで詳しく見る

 

プロテインマイスターの詳細は以下の記事に書いています。

【評判/口コミ】プロテインマイスター資格試験を解説!難易度や受験費用も!

アスリートフードアドバイザー

アスリートフードアドバイザー

「アスリートフードアドバイザー」は、一般社団法人日本技能開発協会が認定する資格です。

この資格を取得することで、アスリートにとっての食事の基礎、栄養、スポーツ種目や性別に合わせた食事などについて基本的な知識を有することを証明できます。スポーツ関連の職業やスポーツをする子どもを持つ父母などに人気の資格です。

試験内容

試験内容は、スポーツをする人のための食事について全般です。栄養の基本知識、運動の種類や年齢によって変わる適切な食事内容、サプリメントやプロテインなどの栄養補助食品に関する知識と使用法、体調管理に至るまで多岐にわたります。

在宅での受験が可能です。

受験料

試験のみ受ける場合、受験料は11,000円(税込)です。

資格取得のための講座

ラーキャリの通信講座の「アスリートフードアドバイザー資格取得講座」があります。

資格取得に必要な内容を網羅した講座です。受講期間に決まりはなく、自分のペースで学習できます。

以下は講座で学ぶ内容です。

  • スポーツと栄養
    ・食事の影響力
    ・人に必要な栄養素
  • 種目別で食事を考える
    ・運動の種類
    ・運動方法に合わせた食事法
  • 年齢別で変わる食事
    ・成長期
    ・高校生
  • 性別で変わる食事
    ・男女の違い
    ・女性特有の特徴
  • 活動期間による違い
    ・準備・通常練習期
    ・試合期
    ・オフ期

講座の受講費用

アスリートフードアドバイザー資格取得講座の料金は、通信講座を受講するのみの場合、38,500円(税込)です。

試験も一緒に申し込むと、通常料金49,500円(税込)のところ、1万円(税込)割引の39,500円(税込)で受講・受験できます。

ラーキャリの公式サイトで詳しく見る

 

スポーツ栄養プランナー

「スポーツ栄養プランナー」は、Office LAC-Uが認定する資格です。

スポーツ栄養についての正しい知識を有し、自分自身や他者の運動と健康のために、栄養摂取のプランニングなどができることの証明になります。

試験内容

「ユーキャンのスポーツ栄養プランナー講座」を受講し、最後に検定試験を受けます。

試験内容は、スポーツ栄養の基本、トレーニングに合わせた適切な栄養摂取の方法、考え方、また、トレーニングや試合に合わせた実践的なメニュープランニングなどに及びます。

70%以上の正答率で合格です。在宅で受験します。

受験料

受験料は、後述する「ユーキャンのスポーツ栄養プランナー講座」の受講費用に含まれます。

資格取得のための講座

ユーキャンの「スポーツ栄養プランナー講座」を受講します。1日30分、約4か月で修了できるカリキュラムです。

添削3回、検定試験1回が含まれており、最後の検定試験に合格すれば資格を取得できます。

なお、希望者には認定証が発行されますが、発行は有料です。

講座の受講費用

スポーツ栄養プランナー講座の受講費用は38,000円(税込)です。

13回の分割払いの場合、月々の支払は2,980円(税込)です。

ユーキャンの公式サイトで詳しく見る

 

スポーツフードアドバイザー

「スポーツフードアドバイザー」の資格は、一般財団法人日本能力開発推進協会が認定している資格です。

資格取得により、アスリートやスポーツ選手の栄養管理について専門知識を有していることを証明できます。資格取得後は、スポーツフードアドバイザーと名乗ることも可能です。

資格取得を目指す中でプロのアスリートが実践する食事法を学べるため、自身の体作り、怪我の防止、トレーニング効果のアップなどにも役立てられます。

試験内容

試験を受験するには、キャリカレの「スポーツフードアドバイザー養成講座」を修了することが必要です。

試験の出題範囲は、体と栄養、運動とエネルギー、スポーツと食事など基本的な知識から、スポーツ選手のライフステージ別の食事指導やメンタルケアなどです。

キャリカレの講座修了後、日本能力開発推進協会のホームページから申し込み、受験料を支払うことで試験問題が送られてきます。

在宅での受験が可能で、受験後に解答用紙を送り返すと、約1か月後に合否結果が通知されます。

受験料

スポーツフードアドバイザー資格の受験料は5,600円(税込)です。

資格取得のための講座

キャリカレの「スポーツフードアドバイザー養成講座」を受講します。

スポーツトレーナーと管理栄養士が監修する教材を使い、知識ゼロから3か月で試験に合格することを目指します。

講座の受講費用

キャリカレのスポーツフードアドバイザー養成講座は、通常の受講料金が47,400円(税込)です。

ウェブからの申し込みなら割引特典が受けられ、1万円(税込)割引の37,400円(税込)で受講できます。

キャリカレの公式サイトで詳しく見る

 

糖質OFFアドバイザー

「糖質OFFアドバイザー」は、一般財団法人日本能力開発推進協会が認定する資格です。

糖質の基本知識やその体への影響、また、糖質の正しい制限方法などに習熟しているかどうかを審査します。ダイエット、スポーツで活かせる資格です。

試験内容

糖質OFFアドバイザーの試験を受けるためには、キャリカレの「糖質OFFアドバイザー講座」を修了する必要があります。

糖質OFFアドバイザー資格の試験内容は、糖質に関する基本的な知識と実践法です。

試験は在宅での受験が可能です。送られてくる試験問題の解答を返送します。

合格基準は70%以上の得点率ですが、在宅で自分のペースでテキストを見ながら回答できるため、難易度は高くありません。

受験料

糖質OFFアドバイザー資格試験の受験料は5,600円(税込)です。

資格取得のための講座

キャリカレの通信講座「糖質OFFアドバイザー講座」を受講する必要があります。

資格試験に必要な内容をすべてカバーした講座ですが、1日15分、約3か月で修了可能です。

講座の受講費用

キャリカレの糖質OFFアドバイザー講座の受講費用は、通常価格が51,800円(税込)です。

ウェブからの申し込みなら、1万円(税込)割引の41,800円(税込)の受講費用で申し込めます。

キャリカレの公式サイトで詳しく見る

 

スポーツ/アスリート向けの栄養学とは?

スポーツ/アスリート向けの栄養学とは?

それぞれの食品が内包している栄養素、そしてその栄養素の働きについて研究するのが栄養学です。

栄養素の種類は多く、また体内では栄養素同士が互いに影響することもあって、栄養学は非常に奥が深く、難しい学問です。健康で強い肉体を作るためには、栄養学の知識の助けを借りる必要があります。

アスリート・スポーツ選手向けの栄養学がある

現役のプロ選手としてスポーツに取り組んでいる人、プロスポーツ選手を目指している人、本気でスポーツに打ち込んでいる人たちは、パフォーマンスを最大化できるように自身の体を作り上げます。その際、体を仕上げるうえで大事な要素はトレーニング、体の休息、栄養の3つです。

これら3つがうまく合わさることで、最高のパフォーマンスを発揮できます。ただし、目指す肉体はスポーツによって異なります。

スポーツによって適切な食事は変わる

運動量の多いスポーツをする人は、1日の消費カロリーが多く、一般的な成人の必要カロリーだけでは体重を維持できません。

また、筋力が重視されるスポーツでは、筋肉を肥大化させるためにタンパク質を積極的に摂取します。

このように、アスリート向けの栄養学は通常の栄養学とはやや異なります。

もちろん、アスリート向けの栄養学が大きくかけ離れているわけではなく、基本的には一般的な栄養学を踏襲しています。アスリートにとってもバランスのよい食事は基本です。目的に応じた食材、サプリメントなどをうまく活用することで、体を調整します。

糖質は必要

糖質は太る要因であり、摂取量が増えると糖尿病を引き起こしかねないため、お米などの糖質が多い食材を避ける健康法もあります。

しかし、アスリートにとって糖質は欠かせない存在です。筋肉を動かすためには糖の一種であるグリコーゲンが必要であり、激しいトレーニングを行うアスリートは体内のグリコーゲンを消費しやすく、一般人よりも多くの糖質の摂取が必要です。

大人だけでなく子供のジュニアスポーツでも栄養学は重要

大人だけでなく子供のジュニアスポーツでも栄養学は重要

スポーツ栄養学は子供によっても重要です。

ジュニアスポーツや体育会系の部活動をする子供がいる家庭では、家族が栄養を考えて食事を作ります。家族にスポーツ栄養学の知識があれば、子供の体作りを食事面でサポートできます。

大人と子供で劇的に食事内容が異なるわけではなく、糖質を多めにしたエネルギー補給のしやすい食事が基本です。

ジュニアスポーツでもバランスのよい食事が大事な点は変わらないため、栄養面から子供たちをサポートしたいのであれば、スポーツ栄養学の知識が役立ちます。

体作りには栄養食の考え方が大切

体作りには栄養食の考え方が大切

大人と子供では食事で気をつけるポイントがやや異なるものの、いずれにしても体作りを進めるうえでは栄養食の考え方が大事です。

栄養食とは、摂取する栄養素についてしっかり配慮された食事のことです。

本番の大会を控えたボディビルダーが、魅せる筋肉を極限まで作るために意図的に糖質制限をしたり、その後にグリコーゲンを増やすため糖質中心の食事に変えたりするといった、極端な食事例がないわけではないものの、このような極端な食事バランスは基本的にはよくないことです。

あくまで基本はバランスのよい食事です。

主食、主菜、副菜の日本型食生活

もっとも、栄養食は極端に難しい考え方ではなく、日本に昔から伝わっている基本的な食事の形式を心がければ大丈夫です。

その形式とは、主食、主菜、副菜の3つを意識することです。この3つが揃った食事形式は「日本型食生活」とも呼ばれています。

日本型食生活は昭和50年代頃に主流だった食生活です。

お米を始めとするエネルギー源として有用な食品が「主食」、肉類や魚介類などの強い筋肉や骨を作るうえで欠かせない食品が「主菜」、野菜や海藻などの体の調子を整えてくれる食品が「副菜」です。

日本型食生活の基本は一汁三菜で、お米などの主食に、一汁として味噌汁などの汁物、三菜として主菜と副菜から3品目を追加するのがオーソドックスなスタイルです。

主食はアスリートにとって欠かせないエネルギー源で、体を激しく動かすことの多いアスリートは主食の量も増える傾向があります。多すぎると脂肪の増加につながりかねませんが、体を積極的に動かすアスリートの場合、主食を減らすと疲れが抜けないなどの症状が出やすく、注意が必要です。

もっとも、格闘技のように、体重により出場できる階級が変わってくるスポーツの場合、体重の増加はアスリート自身の首を絞めることにもつながりかねないため、普段から主食の量の細やかな調整が求められる場合もあります。

主菜に分類されるのは肉類や魚介類、それに卵や大豆などのタンパク質を多く含んでいる食材を使った料理で、こちらもアスリートにとっては欠かせません。各種ミネラル、ビタミン、そして食物繊維を多く含んだ、野菜や海藻などの食材を使った料理が副菜となり、アスリートに限らず、日本人はこれらの栄養素が不足しがちな傾向にあります。

野菜や海藻などを多めに摂取するために、一般的には三菜のうちの2品を副菜にすることがおすすめされていますが、アスリートの場合は主食や主菜とのバランスを考えたうえで、副菜の量を調整したいところです。

一汁三菜は栄養素のバランスが取れている食事形式ですが、乳製品や果物を追加してバランスを取る方法もあります。乳製品は肉類などと同じくタンパク質を多く含んでおり、さらにカルシウムなどのミネラルを効率よく摂取できるのが魅力です。果物は食物繊維などを補うことができるうえ、脂質がほとんど含まれていないため、胃腸への負担を最小限にしつつ栄養素のバランスを整えられます。

一汁三菜の日本型食生活、それに乳製品、果物を加えた形は自然に栄養食を実現できます。

サプリメントも重要

通常の食事だけで必要な栄養をすべて補うのは簡単ではありません。そこで、アスリートはサプリメントを利用して効率よく栄養素を補給することもあります。

アスリート向けのサプリメントの代表格としてはプロテインがあります。筋肉量アップ、疲労回復などの目的のために様々な場面で活用されています。

また、スポーツフードと呼ばれる、持ち運びがしやすく、簡単に摂取できる食品を活用することも定番です。ポカリスエットなどのスポーツドリンク、カロリーメイトなどの固形のスポーツバー、各種エナジードリンクなどが代表的なスポーツフードとして挙げられます。

サプリメントやスポーツフードにはドーピング検査に引っかかる恐れのある成分が含まれている場合があり、また糖質の多さなどの懸念があるものの、すばやいエネルギー補給には向いています。効率のよい体作りのためには、サプリメントやスポーツフードの利用も大切です。

アスリートが望む方向性、サプリメントやスポーツフードなどの使用の有無、そして食事をする本人の好みを把握したうえで、栄養バランスのよい栄養食を考案することが必要です。

まとめ

スポーツ栄養学の知識があれば、スポーツの種類にあった体作りが可能です。是非学んだ知識を活用してください。

講座名に公式ページへのリンクを貼っています。

スポーツ/アスリート栄養学の資格一覧比較表 講座名 税込受講料
スポーツニュートリションアドバイザー ヒューマンアカデミー 38,500円
プロテインマイスター プロテイン協会 38,000円
アスリートフードアドバイザー ラーキャリ 49,500円
スポーツ栄養プランナー ユーキャン 38,000円
スポーツフードアドバイザー キャリカレ 47,400円
糖質OFFアドバイザー キャリカレ 51,800円

食事・運動に関するおすすめ記事はこちら

ピラティスの資格を紹介しています。

【ピラティスの資格比較表】インストラクターになれる!種類とおすすめを紹介!安い講座もある!

プロテインマイスター資格を紹介しています。

【評判/口コミ】プロテインマイスター資格試験を解説!難易度や受験費用も!

栄養に関する資格を一挙に紹介しています。

【栄養士に近い資格のおすすめ】比較表と違いを紹介!どれがいい?

子供を対象とした食育の資格のみを紹介しています。

【食育の資格の違いと比較表】インストラクター/アドバイザーになる!おすすめは?どれがいい?

薬膳・漢方の資格のみを紹介しています。

【薬膳/漢方の資格おすすめ比較表】薬膳料理をマスターする!どれがいい?

ハーブの資格を紹介しています。

【11種類】ハーブの資格/検定の比較とおすすめ!通信講座で学べる!どれがいい?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA